読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伝え方が9割

 今日はダイヤモンド社から出ている「伝え方が9割(佐々木圭一著)」の中から、最も「これは使える!」と感じた「強いコトバを作る技術」について、要約してみたい。

 強いコトバを作るのは、著者によると「ジェットコースターの原理と同じ」らしい。要は、「コトバに高低差をつければ、エネルギーが生まれる」、そしてそれを実現する5つの技術があるとのこと。

1 サプライズ法

 人はサプライズに弱いもの。サプライズ法を作る手順はこれ、

 ①伝えたい言葉を決める

 ②適したサプライズワードを入れる

サプライズワードには以下のような言葉がある。

・(語尾に)!

・ビックリ、・・・

・そうだ、・・・

・ほら、・・・

・実は、・・・

・すごい、・・・

・信じられない、・・・

・あ、・・・

このサプライズワードを、自分が驚いた時ではなく相手の心を動かしたいときに使う。

2 ギャップ法

 スタート地点を下げ、言いたい意味にギャップを作ってあげる、という手法。

 手順としては、

 ①もっとも伝えたいコトバを決める

 ②伝えたいコトバの正反対のワードを考え、前半に入れる

 ③前半と後半がつながるように、自由にコトバを埋める

具体例としては

・「嫌いになりたいのに、あなたが好き」

・「これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ」オバマ大統領

・「誰もが敵になっても、私は味方です」

・「他の店がまずく感じるほど、ここのラーメンは旨い」

・「事件は会議室で起きているんじゃない。現場で起きているんだ」

3 赤裸々法

 普段は感じていてもあえて言葉にしなかったことを、あえて赤裸々にコトバにする、という手法。

 ①もっとも伝えたいコトバを決める

 ②自分の体の反応を赤裸々にコトバにする

 ③赤裸々ワードを、伝えたいコトバの前に入れる

具体例をあげてみよう。

赤裸々ワードとしては、

「顔が真っ赤」、「のどがカラカラ」、「くちびるが震えている」、「息ができない」、「目が合わせられない」、「汗ばんでいる」、「頭の中が真っ白」、「手にジワリと汗が」「指先がじんじんする」、「自分の鼓動がわかる」など

これらを、伝えたいコトバにうまく組み合わせて使うと、

・「くちびるが震えている。あなたが好き」

・「何も考えられない。お腹がすいた」

・「のどがカラカラ、感動の映画でした」

・「思い出しても顔が真っ赤になるくらい、素敵な夜でした」

4 リピート法

 これは「強いコトバ」を作るもっとも簡単な方法。手順は次のこれだけ。

 ①伝えたいコトバを決める

 ②そのコトバを繰り返す

・「今日は暑い、暑い」

・「人民の、人民による、人民のための政治」リンカーン大統領

・「毎日、毎日、僕らは鉄板の・・・」

 リピートすれば、記憶に残し、感情を乗せることができる。

5 クライマックス法

 聞き手の集中スイッチを入れ直すことを主目的に使う手法。ロケット発射直前の「3、2、1」と同じ効果を狙うもの。手順としては、

 ①いきなり「伝えたい話」をしない

 ②クライマックスワードから始める

 このクライマックスワードとは、次のようなコトバ、

・「これだけは覚えてほしいのですが」

・「ここだけの話ですが」

・「他では話さないのですが(あなただけに話すのですが)」

・「誰にも言わないでくださいね」

・「これだけは忘れないでください」

・「一言だけ付け加えますと」

・「ワンポイントアドバイスですが」

・「3つのコツがあります、一つ目は」

話にクライマックスを作れば、切れかけた聞き手の集中スイッチを入れることができる。

 これら5つの技術を使った「強いコトバ」を話の中に散りばめることで、相手の心に響く話をすることができる。

 長い文書を書くときは、これらの5つの技術を使い、文書のタイトル、最初の文章、最後の文章に「強いコトバ」使うことで、相手の興味を引き、最後まで読ませることができる。

f:id:sisters_papa:20160923001715j:plain